沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

最新の投稿


安定釣果の春のアジ、ハモノやゲスト狙いも可能【相模湾・大磯沖】

安定釣果の春のアジ、ハモノやゲスト狙いも可能【相模湾・大磯沖】

周年アジが狙える相模湾。春は特有の濁り潮が入る時期でもあるが、これがアジ釣りではいい結果をもたらす。「すでに潮は濁りが入っています。潮が濁った日が何日も続くようになると、アジは安定して数釣れるようになると思います」と話すのは大磯港「とうふや丸」の関野幸男船長。


絶品アジを釣るなら今がチャンスだっ!【東京湾・久里浜沖】

絶品アジを釣るなら今がチャンスだっ!【東京湾・久里浜沖】

「今年は久里浜沖でよく釣れています。しかも今年のアジは色も形もツヤも本当によくて、モッチリとしていい品物ですよ」と話すのは、小柴港「小金丸」の小山満寿夫船長。「小金丸」といえば、周年アジ狙いで出船するこだわりの船宿として知られる。その小山船長がそう太鼓判を押すのだから、間違いない。本当にいいアジなのだ。


相模湾のマルイカは反応多く今後も楽しみ!【相模湾東部】

相模湾のマルイカは反応多く今後も楽しみ!【相模湾東部】

今シーズンのマルイカは、相模湾で1月中旬から開幕している。シーズン初期は水深80〜100mぐらいの深場をメインに狙う。


まだまだ提灯行列の期待大、南房のキンメ・アコウリレー釣り【南房】

まだまだ提灯行列の期待大、南房のキンメ・アコウリレー釣り【南房】

関東で一番早く春を迎える南房では、早くも花摘みが始まっている。しかし陸の上が春でも海の中はまだまだ真冬。ならばここは一発大好きな深場釣りで真紅の大輪を咲かせましょうと、深場釣りの花形スターであるキンメ、アコウを狙っての釣行だ。


東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

東伊豆のベニアコウ、水深1000mから久々に真紅の花が浮上【東伊豆】

陽が大きく傾き、伊豆の山陰に姿を消そうとする午後5時。船の引き波に紛れて「確信」までには至らなかったアタリに一縷の望みを託したラスイチの巻き上げも残りわずか。残り10mであえて巻き上げを停止すれば、ラインの角度は見る間に浅くなってくる。程なく海面下に見えて来たのは白い影。「ウォォォォー」富戸沖に勝利の雄叫びがひびいた。


釣る前に、食べる前に、ユメカサゴという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ユメカサゴという魚を知ろう!

ユメカサゴ属とは、カサゴ目メバル科の属の一つ。インド洋から大西洋、太平洋にかけて分布する。日本では近海に生息するオキカサゴやユメカサゴが食用にされる。ユメカサゴは、アカムツの同じ別名「のどぐろ」と呼ばれることもある高級魚である。


荒食い期に突入! 東京湾のマコガレイ【東京湾】

荒食い期に突入! 東京湾のマコガレイ【東京湾】

東京湾のマコガレイが産卵期を終えて、荒食いのシーズンに入った。この時期のマコガレイはとにかくサイズがいいのが魅力で、小さくても30㎝ぐらいあって釣り応え満点だ。


良型でうまい! 南房・江見沖のイサキ五目【南房・江見沖】

良型でうまい! 南房・江見沖のイサキ五目【南房・江見沖】

魚影の濃さ、型の良さ、食味の素晴らしさ、そして釣りごたえの良さから人気を博している南房総地区のイサキ釣り。魚種が豊富なことからゲストも多く、何が来るかわからないところも釣り人を引き付ける要因の一つといえる。


釣る前に、食べる前に、カナドという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、カナドという魚を知ろう!

カナドは、スズキ目ホウボウ科カナガシラ属の魚。水深70m以深の砂泥底に多く生息する。青森県から九州までの日本各地沿岸、八丈島、東シナ海。~朝鮮半島、済州島、中国、台湾に分布。


安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】

安定感抜群! これから春の絶好機、瀬ノ海のマアジ【相模湾・瀬ノ海】

厳しい寒さが徐々に和らいだ2月、春の釣りが待ち遠しい時期だ。沖釣りの定番魚種である相模湾のアジ釣りもこれからいい時期を迎える。越冬したアジが産卵準備のために活発な食いを見せる、春アジのシーズンだ。ひと足早い春を感じに、大磯港に向かった。


今しかできない早春リレー! 東京湾のメバル&アジ【東京湾】

今しかできない早春リレー! 東京湾のメバル&アジ【東京湾】

釣りたてのアジはフライが絶品だ。刺身やタタキも旨い。一夜干しも最高だ。「だけどアジだけじゃなぁ…」という釣り人にうってつけの釣り物がある。鴨居大室港「福よし丸」のメバルとアジのリレー船だ。2月1日に解禁となったメバルを釣り、そのあとに鉄板のアジで締めくくるのだ。


いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

いよいよベストシーズン突入! 東京湾のシーバスジギング【東京湾】

東京湾のジギングをメインとしたシーバスゲームが日に日に状況が上向き、数はもちろん、サイズもグッと良くなってきている。


乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

乱舞! 春イサキ絶好調! マダイも狙えるぞ!【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆の春イサキが好調だ。温暖なこのエリアでは、周年イサキが狙えるが、河津沖の根着きのイサキ釣りは、早咲きで知られる河津桜の開花中がシーズン。体高のある身厚なイサキは知る人ぞ知るブランド魚なのだ。


今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

今がチャンス! 荒食い爆釣!! 東京湾のシーバス・ジギング【東京湾】

「ベイトやシーバスの反応はとにかくたくさん出ていて本当に凄いですから、これからかなり期待できますよ! とくに潮が濁れば最高でしょうね」と話すのは、川崎「つり幸」の幸田一夫船長。


産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

産卵を終えたシーバスが活発化しているぞっ!【東京湾・長浦沖】

「例年だと本格化している時期なんですけどね。今年は少し遅れ気味なのか、深場に群れがかたまり切っていない感じです。小さいのが数出るポイントはあるんですけどね」、長浦港「こなや丸」でシーバス船を担当する小沢一滋船長の言葉だ。


沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

沼津の夜タチウオ、依然好調継続中【沼津・千本浜前】

駿河湾奥部の千本浜前でタチウオが依然好調に釣れているという。それを確かめに行って来た。


魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

魚種多彩さを満喫! 西伊豆土肥沖のアマダイ五目【西伊豆土肥沖】

桜が咲く前の春の西伊豆。乗っ込みマダイ開幕が待ち遠しいが、海のなかはまだ冬。釣り物が少ないのが実情だ。しかし、すぐ目の前のフィールドに注目すると意外といろいろな魚たちに出会えることに気づかされる。


東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】

東京湾のマダイ釣り!テンヤ&タイラバで狙う【タックル&仕掛け】

ここ数年、東京湾では真冬でもエビタイが釣れ続いている。横須賀から鴨居沖までのコマセ禁止エリアで釣れるマダイの体色は紅を差したように赤く、特に冬場は惚れ惚れするくらい深みのある色になる。このマダイをターゲットにしているのが金沢八景の「野毛屋」だ。


春は数、型ともに期待大! 狙うは5㎏超の大ダイだ【外房・片貝沖】

春は数、型ともに期待大! 狙うは5㎏超の大ダイだ【外房・片貝沖】

ハナダイ、アジ釣りが盛んに行われている片貝沖。ほかにもヤリイカ、アカムツ、キンメ、ヒラメなど多彩な釣り物があるが、不思議とマダイは専門に狙われていなかった。ところが一昨年の11月から、片貝港の何軒かの船宿が、細いPEラインと軽いテンヤで狙う「ひとつテンヤ釣法」でマダイを狙い始めたのだ。


釣る前に、食べる前に、ベニアコウ(オオサガ)という魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ベニアコウ(オオサガ)という魚を知ろう!

ベニアコウ(オオサガ)は、スズキ目メバル科メバル属の魚。ベニアコウとは釣り人の呼称で、正式には「オオサガ」「サンコウメヌケ」の2種を指す。水深1300m以浅の深海に生息する。水深400~800m位の場所にとくに多い。


ランキング


>>総合人気ランキング

つり丸定期購読