MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

人気記事

最新記事

シロギスは、キス科に属する海水魚の一種。東アジアの沿岸域に広く分布する。別名キス。体色は、背側が淡黄褐色で、腹側が白い。そのため、青から緑がかったアオギスに対し、シロギスと呼ばれる。
更新: 2018-08-24 02:04:53
どうです、このアジ! 幅広でぷっくりとして、見るからにおいしそうでしょ! って実際に食べてみれば、見るからにじゃなく、本当に甘みも旨みも脂もたっぷりで、予想通り、いや予想以上のメチャうまだ!!
更新: 2018-04-16 02:56:30
ガツガツガツ! と竿を叩く根魚特有の強く鋭い引き。釣り方はとってもカンタンで初心者や子供や女性も楽しめ、もちろん食べておいしい! そんな魅力たっぷりの東京湾の「カサゴ・メバル」がいよいよベストシーズンを迎える。
更新: 2018-04-16 02:56:42
魚皮サビキで狙うサビキメバル、イワシのミンチをコマセにするビシメバル、そして生きたエビをエサにするエビメバルと、メバルは日本各地で釣ることができ、またその釣り方は様々。で、今回は…ズバリ言ってエビメバルでトライしたぞ。
更新: 2018-04-16 02:56:40
遠州灘には何本もの海溝があり、そのそれぞれに深海魚であるアカムツが生息している。近年では遠州灘産のアカムツもブランド化され魚市場では高値で取引されている。
更新: 2018-04-16 02:56:22
イサキは、スズキ目イサキ科に属する海水魚の一種。東アジア沿岸の岩礁域に生息する魚で、食用や釣りの対象として人気が高い。
更新: 2018-08-10 04:45:38
東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。
更新: 2018-04-16 02:56:17
4月某日、携帯電話が鳴った。編集部からの電話だ。「館山でヒラメやマゴチなんかが釣れる面白い五目釣りがあるんですよ!」、「何ぃ? ヒラメとマゴチが?」、底モノ釣りが大好きな私のボルテージは一気にMAX。「行く! 行きます! 行かせてくださ〜い!!」
更新: 2018-04-16 02:56:19
例年、春になると勝浦沖でヤリイカが好調に釣れ始める。ここのヤリイカの特徴は、浅場で大型が乗ってくること。イカの重量感がダイレクトに竿に伝わり、楽しさ抜群の釣りだ。4月15日の日曜日、釣友を誘って勝浦川津港の「不動丸」にお邪魔した。
更新: 2018-04-16 02:56:21
LTアジとともに手軽に楽しめるのが東京湾のイシモチだ。そのイシモチが3月中旬ぐらいから上向いた。今回取材したのは金沢八景「黒川丸」の一日イシモチ船。取材当日はちょうど食いが上向いた頃でトップは45匹。取材以降も好調で、3月14日はトップ105匹、17日はトップ99匹を記録している。
更新: 2018-04-16 02:56:12
キジハタは、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ハタ亜科に分類される魚。日本から中国沿岸の温暖な海域に分布する魚で、高級食材として扱われる。
更新: 2018-12-12 02:29:58
ネープルス周りを漂いながら午前7時を待つ。舵を握る船長から投入開始の合図が出た。「水深32m。どうぞ」、期待とともにルアーマンはメタルジグを、五目釣り師は仕掛けを投じる。
更新: 2018-04-16 02:56:08

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読